2017年07月30日

◆iPodの終焉。ひとつの時代が終わった…

 多忙につき久々のブログ更新です。

 7月27日に、ひとつの時代が終わりました。17年間に渡る「iPod」の歴史が幕を下ろしました。

 いやまて、まだ「iPod touch」が残っているだろ、というご意見もあるでしょうが、山杜の中では、あれは小型タブレットであり、純粋な音楽プレーヤーではありません。実際、音楽プレーヤーとしての目的で「touch」買う人がどれだけいたでしょうか。


 今や小中学生も「iPhone」をはじめとするスマートフォンを持っているのが当たり前の時代になりつつありますが、数年前は、スマートフォンを買ってもらえない子どもたちが保護者を言葉巧みに騙し「音楽プレーヤー買って」と言って「iPod touch」を買ってもらい、実際はタブレットとして、SNSなどに興じていたのを山杜はよく知っています。
 山杜の仕事のひとつとしてICTの啓発活動がありまして、当時の保護者たちは、Wi-fiで「iPod touch」が「iPhone」とほぼ同等の機能になることを、山杜の話で初めて知った方が多かったんですよ。

 閑話休題。そんなわけで「iPod touch」はタブレットの機能のひとつで音楽ファイルをを再生しているととらえています。純粋な「音楽プレーヤー」としての「iPod」は、姿を消すこととなります。

 山杜にとってこれは寂しいです。クルマの音響にほとんどこだわらない山杜にとって、「iPod」に手持ちのCD曲全部詰め込んでカーステレオから流すことは、とても有用な琴でしたから。当時、CDやMDの入れ替えが不要になったことは感動ものでした。FMトランスミッタを使って、FMラジオから曲を流していたものです。

 いまやスマートフォンひとつでなんでもできてしまう時代。需要は減ったのかもしれませんね。断固としてスマートフォンを使わない山杜としては、音楽プレーヤーを別に持つことは重要なのですが…。

 最後に、山杜の歴代所有iPodの写真を載せて、感謝の言葉に代えます。iPodが先鞭をつけたデジタル音楽プレーヤーの道は、今後も続いていくでしょう…(しかしMP3規格も終焉しそうではありますが)

iPod mini 第2世代(ブルー)
DSCF0052.JPG

 
iPod mini 第2世代(グリーン)※解体後の写真しか残ってません(苦笑)
DSCF0925.JPG


iPod nano 第5世代(プロダクトレッド)
DSCF0050.JPG

 
iPod shuffle 第4世代(シルバー,ピンク※未開封)※青はパチモンです(苦笑)
CN1492.jpg


 特に「shuffle」は面倒な操作いらずで、公共交通機関での移動時等、一番のお気に入りです。いつかこの日が来ることを見越して、1個ストックしてあったわけですね。シルバーのバッテリーがダメになったらおろす予定です。
posted by 山杜一平 at 19:39| Comment(0) | 徒然日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: