2010年04月11日

【車】タイヤ交換のついでに

 昨日とうってかわって,ちょっとポツポツ落ちてきたりするどんより空。でも,あと完全オフの日はいつになるか分からないですし,やるしかないでしょう!こんなの降ってるうちに入らん!

rn8_29.jpg


 (撮影:大失敗した「うつ★しま未来博」跡地・ムシテックワールド駐車場)

 夏タイヤに交換完了です。結局純正のまま。ホイールは純正ながら特別スポーティ仕様なので納得済み。タイヤは・・・溝無くなったら考えます。通勤が峠だから,スポーティタイヤ&バケット系シートが欲しいところではありますが,引っ越しで結構金かかってるので。

 さて,タイヤ以外にもちょっと変わったことにお気づきでしょうか?フロントグリルにご注目下さい。

rn8_30.jpg


 フロントRSTエンブレム!あくまで純正っぽく!

 ホンダのサイトのストリームのページ見て頂ければお分かりの通りですが,RSZのSパッケージとRSTが採用しているスポーティフロントグリルには,グレードを示すエンブレムが取り付けられていないんですね。冷却効率や吸気効率を考えてのことかと思いますが,はっきり言って,公道走ってる時点で考えると,たかがこれぐらいのエンブレムで影響出るわけはありません。エンブレムレスは,あくまで「レーシー」の雰囲気のみです。

 しかし,このグリル,何となく寂しいんですよね。Hを赤くして寂しさを減少させてましたが,それだけではやはり飽きたらず,ついにやってしまいました。

rst-enb1.jpg


 こちらがホンダ純正,RST「リア」エンブレム。フロント用はもとよりありません。リア用ですから,取り付けは両面テープのみ。しかしそれだと,メッシュグリルに対しては装着強度が弱いことは明らかです。しかし,同じこと考える人はやはりいらっしゃるんですねえ。ネットで検索して,参考にさせていただきました。

rst-enb2.jpg


 背面にボルトを強力接着剤でくっつけ,グリル内側からナットで固定するという方法。市販の接着剤使用のため,いずれ劣化してくるでしょうが,両面テープのみよりは遙かにマシでしょう。寂しかったフロントグリルにアクセントがつきました。多くの車種のRSグレードにはこれと同様に付いているわけですし,なんかこれこそ本来のフロントマスクといった感じがします。EPのシビックタイプRにも付いてましたよね。

rn8_31.jpg


 リア方向からも1枚。ステッカー増殖!

rn8_32.jpg


 「グランツーリスモ」と「NO FEAR」です。ストリームがあのゲームに出ることは・・・まあ無いでしょうねえ。「NO FEAR」は本来エクストリーム系のブランドであり,どっちかっつーと4輪向きのロゴではないんですが,山杜的にはプロレスファンということでひとつ。「いくぞー!ノー・フィアー!」(by高山善廣)

 今日は他に,冬の間パンクしたまま放っておいた自転車のパンク修理やったり,すっかり整備工・修理工のあんちゃんと化してました(「おっちゃんでは?」というご意見は却下)。世の中の殆どの人は,車のタイヤ交換や自転車のパンク修理は自分でやらないようですが,愛車の整備ってのも楽しみのひとつですよね。

 今後ますます暖かくなってきますので,ヒマを見てまたぼちぼちいじっていきたいと思います。ですがもはや走り方面の本格的ないじりは無いですよ(笑)。
posted by 山杜一平 at 20:58| Comment(0) | FUJINOYA Racing
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: